メニュー

映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」

「いいね!」が憎い・・・。 映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」

松尾スズキ 中山美穂 大東駿介 土居志央梨 栗原類 LiLiCo 福本清三 乾直樹 宍戸美和公 堀田真由 村杉蝉之介 オクイシュージ / 岩井秀人 / 酒井若菜 坂井真紀 秋山菜津子 監督・脚本:松尾スズキ 主題歌:星野源「夜のボート」(Speedstar Records)

INTRODUCTION

SNSで知った愛する妻の浮気。その投稿についた「いいね!」の数、108。
男が思いついたとんでもない報復計画は、「いいね!」の数だけ女を抱くこと!?
松尾スズキが想像力と体力の限界に挑むR18復讐コメディ!!

監督・脚本・主演を務めたのは大人計画の主宰・松尾スズキ。1988年に大人計画を旗揚げし、宮藤官九郎や阿部サダヲなど多才なメンバーと共に多岐にわたって活動を続け、2018年には劇団と共に「松尾スズキ」として活動を始めてから30周年を迎えた。自ら「絶対に面白いという確信があった」と語り、31年目にして、また長編監督映画4作目にして初めて監督・脚本・主演全てに挑んだ本作。これは、30年間笑いにこだわり続けた喜劇人、松尾スズキの到達点。妥協なきR18復讐コメディが誕生した。

海馬五郎の妻で元女優の綾子を演じるのは中山美穂。不思議な魅力を放つダンサーに心を奪われていく様を、大人の魅力たっぷりに演じている。海馬のプレイボーイの友人・糸井には、劇団ハイバイを軸に劇作家、演出家、そして自らも俳優として活躍している岩井秀人。さらに海馬の友人で女優の砂山を、読売演劇大賞や紀伊國屋演劇賞を受賞し名だたる演出家が厚い信頼を寄せる秋山菜津子が、そして海馬の代わりに病気の父の世話を一手に引き受けることになってしまった妹を坂井真紀が演じている。その他にも、大東駿介、土居志央梨、堀田真由など、実力派の若手俳優陣がそれぞれ“超個性豊かな”役柄に挑んだ。

主題歌は2008年の舞台「女教師は二度抱かれた」(作・演出:松尾スズキ)の劇中歌として星野源が作曲し、市川実和子と歌った「夜のボート」を、本作のオファーを受けた星野源が新たにレコーディング。さらにミュージカルシーンの振付は、これまでNEWS、サカナクション、いきものがかりなどのPVでオリジナリティー溢れる印象的な振付を行っている振付稼業air:manが手掛けている。

STORY

冗談じゃない。冗談じゃないぞ。

ある日、脚本家・海馬五郎は、愛する妻・綾子がSNSに若いコンテンポラリーダンサーへの恋心を綴っているのを知ってしまう。しかもその投稿についた「いいね!」はなんと108。あまりのショックに離婚を考えるが、いま離婚した場合は財産分与で資産2000万円のうち半分の1000万円を綾子に支払わなければならないことを知り大激怒。納得がいかない海馬は、意地でも資産を使い果たすことを決意。ついには投稿についた「いいね!」の数だけ女を抱いて復讐するというとんでもない計画を思いつく。

タイムリミットはたった1か月。人智の及ぶあらゆる手を使って資産を減らしていくが、108人への道のりは果てしなく長い。追い込まれた海馬は、やがて想像をはるかに超える「ある方法」で目標をクリアしようとするのだが…。

監督・脚本・主演:松尾スズキ
(海馬五郎役)

「ウディ・アレンが、メル・ブルックスが、ベン・スティラーが、そうであるように、コメディの世界に生きるものの一つの到達点として、監督主演映画が撮りたかった」。
30年、笑いと戦い続けた自称喜劇人松尾スズキが「愛とエロス」のカオスの中でのたうちまわる様をご笑納ください!

中山美穂
(綾子役)

松尾監督がこの作品を構想中の頃、咄嗟に私に演らせて下さいと申し出てしまったのです。監督は実現できるかどうかと笑いながら仰っていましたが、それから1年待たずに私達は撮影に挑んでいました。楽しくて仕方のない現場でした。演出をされる松尾スズキは穏やかに強い信念を持ち、そして激しく演じてらっしゃいました。そんな姿がだんだんと可愛く見えてきて、作品の中でもその感じが伝わるのだと思います。とにかく笑える内容です。そしてせつない。私に演らせて頂けたことに感謝しています。

岩井秀人
(糸井役)

メジャーな作り手の誰もかれもが「コンプライアンス」を気にし、テレビの前の主婦までもが「この表現、誰かに文句言われないのかしら?」と呟くようなご時世に、「よくぞこんな映画を作った!」と言われることでしょう。でも本来「表現」って、「ワレワレの外側」にあるものに手を伸ばすためのものなのだし、そのことを思い出させてくれる作品です。だからコンプラなんてものには届かない高みのシロモノになってございます。ご覧ください!
しかし松尾さんって、いつ丸くなるんでしょうね…。

秋山菜津子
(砂山役)

舞台作品の中でいつも私に面白い役をやらせて下さる松尾さん。今回もなかなか変わった役柄を与えてくださいまして…楽しかったです。
撮影が終わって『この映画を秋山さんの代表作にして下さいね。』と松尾監督に言われたんですけど…嬉しいような ちょっと複雑な気分でした。あ、観て頂ければ分かると思うんですけど(笑)。
でも…そうですね、こんなに潔くかっこいい映画に出演できた事は“誇り”です。それは確かです。

主題歌:星野源

松尾さんから、11年前に上演された舞台で僕が作った歌を「映画の主題歌にしたい」と連絡を頂きました。このとんでもない『108』という作品の主題歌にこの哀しい歌を選ぶあたり、松尾スズキ!って感じがしてとても好きです。