メニュー

各界騒然!絶賛コメントが到着!

  • 試写
  • 感想投稿キャンペーン

映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」

松尾スズキ 中山美穂 大東駿介 土居志央梨 栗原類 LiLiCo 福本清三 乾直樹 宍戸美和公 堀田真由 村杉蝉之介 オクイシュージ / 岩井秀人 / 酒井若菜 坂井真紀 秋山菜津子 監督・脚本:松尾スズキ 主題歌:星野源「夜のボート」(Speedstar Records)

NEWS

INTRODUCTION

SNSで知った愛する浮気
その投稿についた「いいね!」の数、108
男が思いついたとんでもない報復計画は、「いいね!」の数だけ女を抱くこと!?
松尾スズキが想像力と体力の限界に挑むR18復讐コメディ!!

監督・脚本・主演を務めたのは大人計画の主宰・松尾スズキ。1988年に大人計画を旗揚げし、宮藤官九郎や阿部サダヲなど多才なメンバーと共に多岐にわたって活動を続け、2018年には劇団と共に「松尾スズキ」として活動を始めてから30周年を迎えた。自ら「絶対に面白いという確信があった」と語り、31年目にして、また長編監督映画4作目にして初めて監督・脚本・主演全てに挑んだ本作。これは、30年間笑いにこだわり続けた喜劇人、松尾スズキの到達点。妥協なきR18復讐コメディが遂にベールを脱ぐ!

海馬五郎の妻で元女優の綾子を演じるのは中山美穂。不思議な魅力を放つダンサーに心を奪われていく様を、大人の魅力たっぷりに演じている。海馬の友人で女優の砂山には、読売演劇大賞や紀伊國屋演劇賞を受賞し、名だたる演出家が厚い信頼を寄せる秋山菜津子。さらに海馬のプレイボーイの友人・糸井には、劇団ハイバイを軸に劇作家、演出家、そして自らも俳優として活躍している岩井秀人が、そして海馬の代わりに病気の父の世話を一手に引き受けることになってしまった妹を坂井真紀が演じている。その他にも、大東駿介、土居志央梨、堀田真由、栗原類、LiLiCoなど、実力派の若手俳優陣がそれぞれ“超個性豊かな”役柄に挑んだ。

主題歌は星野源「夜のボート」。舞台「女教師は二度抱かれた」(08)の劇中歌として制作した楽曲を、本作のために新たにレコーディングしている。さらにミュージカルシーンの振付は、これまでNEWS、サカナクション、いきものがかりなどのPVでオリジナリティー溢れる印象的な振付を行ってきた振付稼業air:manが手掛けている。

STORY

冗談じゃない。
冗談じゃないぞ。

脚本家・海馬五郎は、ある日、愛する妻・綾子がSNSに若いコンテンポラリーダンサーへの恋心を綴っているのを知ってしまう。その投稿についた「いいね!」はなんと108。あまりのショックに離婚を決心するが、離婚した場合は財産分与で資産の半分にあたる1000万円を綾子に支払わなければならないことを知り大激怒!納得がいかない海馬は、意地でも資産を使い果たすことを決意。ついには投稿についた「いいね!」の数だけ女を抱いて復讐するというとんでもない計画を思いつく。

タイムリミットはたった1か月。人智の及ぶあらゆる手を使って資産を減らしていくが、108人への道のりは果てしなく遠い。追い込まれた海馬は、やがて想像をはるかに超える「ある方法」で目標をクリアしようとするのだが…。

CAST&STAFF
comment

松尾スズキ(監督・脚本・海馬五郎役)

1962年生まれ、福岡県出身。1988年、舞台「絶妙な関係」で大人計画を旗揚げ。以降、主宰として数多くの作品の作・演出をつとめる。1997年「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で第41回岸田國士戯曲賞受賞。2004年には『恋の門』で映画監督デビューし、第61回ヴェネツィア国際映画祭に正式出品された。2008年には『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。小説では2006年「クワイエットルームにようこそ」、2010年「老人賭博」、2018年「もう「はい」としか言えない」の3作で芥川賞にノミネート。2019年12月には、第38回ゴールデン・アロー賞演劇賞を受賞したミュージカル「キレイ―神様と待ち合わせした女―」の再々々演が決まっている。

【主な監督・脚本作品】
『恋の門』(2004年)監督・脚本・出演
『female 夜の舌先』(2005年)監督・脚本
『ユメ十夜 第六夜』(2007年)監督・脚本
『クワイエットルームにようこそ』(2007年)監督・脚本
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(2007年)脚本
『ジヌよさらば~かむろば村へ~』(2015年)監督・脚本・出演

comment

中山美穂(海馬綾子役)

1970年生まれ、東京都出身。1985年、ドラマ・CDデビュー。同年、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、日本レコード大賞・ゴールドディスク大賞など各賞を受賞。1995年、映画『Love Letter』でブルーリボン賞他、各映画祭にて最優秀主演女優賞を、1998年には『東京日和』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。その後も映画『サヨナライツカ』(10)、『新しい靴を買わなくちゃ』(12)、『蝶の眠り』(18)などに出演。2014年NHKBSプレミアム連続ドラマ「プラトニック」、2016年には初舞台「魔術」に出演したほか、フジテレビ系列月9ドラマ「貴族探偵」(17)、NHKBSプレミアムドラマ「平成細雪」(18)、フジテレビ系列木曜ドラマ「黄昏流星群」(18)、フジテレビ開局60周年特別企画「コンフィデンスマンJP 運勢編」(19)などに出演している。

comment

秋山菜津子(砂山美津子役)

1964年生まれ、東京都出身。 舞台を中心に映画、ドラマに幅広く出演。ひょうご舞台芸術「プルーフ/証明」、TPT「ブルールーム」で第36回紀伊國屋演劇賞個人賞、第9回読売演劇大賞優秀女優賞、杉村春子賞を、Bunkamura「タンゴ・冬の終わりに」で第14回読売演劇大賞優秀女優賞を、こまつ座「きらめく星座」で第 22 回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞している。近年の主な出演作として、赤堀雅秋演出「美しく青く」「大逆走」、白井晃演出「出口なし」、野田秀樹演出「贋作 桜の森の満開の下」「エッグ」、長塚圭史演出「ハングマン」、栗山民也演出「きらめく星座」「DISGRACED」、松尾スズキ演出「キャバレー」、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出「8月の家族たち」、森新太郎演出「東海道四谷怪談」など。

comment

岩井秀人(糸井役)

1974年生まれ、東京都出身。 2003年に劇団ハイバイを結成。舞台の代表作は「ヒッキー・カンクーントルネード」、「て」、「おとこたち」など。2018年「ワレワレのモロモロ ジュヌビリエ編」でフェスティバル・ドートンヌ・パリに参加。2019年パルコ・プロデュース「世界は一人」で音楽劇を手がけた。 2012年NHKBSプレミアムドラマ「生むと生まれるそれからのこと」の脚本で第30回向田邦子賞、2013年「ある女」で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。

坂井真紀(海馬マリ役)

1970年生まれ、東京都出身。1992年にドラマ「90日間・トテナム・パブ」(フジテレビ)で女優デビュー。その後も数々のドラマ、CMに出演し、1996年には『ユーリ』で映画初出演。2008年、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』で第18回日本映画批評家大賞助演女優賞、第23回高崎映画祭特別賞を受賞。2019年秋には『惡の華』、『駅までの道をおしえて』、『ブラック校則』が公開待機中。 また、12月には根本宗子演出の音楽劇「今、出来る、精一杯。」への出演が決定している。

大東駿介(聖矢役)

1986年生まれ、大阪府出身。 2005年日本テレビ「野ブタ。をプロデュース」でデビュー。近年の出演作に、NHK8Kスペシャルドラマ「浮世の画家」(19)、NHKよるドラ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」(19)、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(19)、映画『望郷』(17)、『曇天に笑う』(18)、さらにベルリン映画祭にて観客賞、CICAEアートシネマ賞を同時受賞した『37 seconds』が2020年に公開予定。舞台ではシディ・ラルビ・シェルカウイ演出「プルートゥ PLUTO」、長塚圭史演出「王将」「ハングマン」、赤堀雅秋演出「美しく青く」などに出演。

土居志央梨(あずさ役)

1992年生まれ、福岡県出身。 京都造形芸術大学在学中に撮影した林海象監督の『彌勒』(13)で映画デビュー。『二人ノ世界』(14)ではヒロインに抜擢され、その後、『赤い玉、』(15)、『鉄の子』(16)、『少女』(16)、『土竜の唄 香港狂騒曲』(16)、『すもも』(17)、『祈りの幕が下りる時』(18)、『リバーズ・エッジ』(18)などに出演。また2019年11月には杉原邦生演出による10時間のギリシャ悲劇「グリークス」ではエレクトラ役での出演が決定している。

堀田真由(赤井美月役)

1998年生まれ、滋賀県出身。 2015年WOWOW「テミスの求刑」でデビュー。NHK連続テレビ小説「わろてんか」(17)ではヒロインの妹役に抜擢され、TBS「チア☆ダン」(18)、日本テレビ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」(19)などの話題作に出演。主な映画出演作品に『虹色デイズ』(18)、『あの日のオルガン』(19)、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(19)などがある。

栗原類(道夫役)

1994年生まれ、東京都出身。 「MEN'S NON-NO」や「ポパイ」でのモデルを経てバラエティ番組で注目され、 2012年から役者としても活動の幅を拡げ、ドラマ、映画、舞台に出演。主な出演作品に映画『ハナレイ・ベイ』(18)、『お江戸のキャンディー2〜ロワゾー・ドゥ・パラディ(天国の鳥)篇〜』(17)、舞台に根本宗子演出「プレイハウス」、白井晃演出「春のめざめ」、田中麻衣子演出「どうぶつ会議」、ドラマにフジテレビ「ルパンの娘」(19)などがある。

LiLiCo(エイドリアン役)

1970年生まれ、スウェーデン・ストックホルム出身。 18歳で来日、1989年から芸能活動スタート。TBS「王様のブランチ」に映画コメンテーターとして出演、フジテレビ「ノンストップ!」、NHKBS1「ラン×スマ」(ナレーション)、J-WAVE「ALL GOOD FRIDAY」他出演番組も多数。アニメの声優や女優など、マルチに活躍する映画コメンテーター。ファッションにも意欲的に取り組み、バッグやジュエリーのデザイン、プロデュースも手掛ける。

宍戸美和公(堀切すみれ役)

1965年生まれ、北海道出身。 1991年より大人計画に参加。近年の主な出演作に、フジテレビ「痛快TV スカッとジャパン」、東海テレビ「いつまでも白い羽根」(18)、WOWOW「坂の途中の家」(19)、テレビ東京「癒されたい男」(19)などのドラマのほか、松尾スズキ作・演出「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」「業音」、河原雅彦演出「オリエント急行殺人事件」などの舞台にも出演。映画では『エイプリルフールズ』(15)、『超高速!参勤交代 リターンズ』(16)、『オケ老人!』(16)などがある。

乾直樹(ドクタースネーク役)

舞踊家、俳優。兵庫県出身。 2009年文化庁在外研修員として1年間NYにてダンスの研鑽を積む。帰国後はバーサタイルな才能を活かしダンスに限らず様々な舞台経歴を持つ。 主な作品に、「キャバレー」「ニンゲン御破算」(共に松尾スズキ演出)、劇団四季「アラジン」(カシーム)、「エリザベート」(トートダンサー)他、ミュージックビデオでもtofubeats「ふめつのこころ」に出演し、THE YELLOW MONKEY「ALRIGHT」では振付を担当するなど多方面で活躍中。

場面写真

comment

主題歌:星野源

1981年生まれ、埼玉県出身。音楽家・俳優・文筆家。
2010年アルバム「ばかのうた」でソロデビュー。社会現象となった「恋」、オリコン1位を獲得した「Family Song」「ドラえもん」などヒット曲を多数発表。2018年12月にリリースした5thアルバム「POP VIRUS」は同年のソロアーティストのアルバム作品の初週最高売り上げを記録するなど、大ヒットとなる。2019年2月からは自身初の5大ドームツアーを開催し、33万人を動員。また、11月からは初のワールドツアー「Gen Hoshino POP VIRUS World Tour」を上海、NEW YORK、横浜、台北にて開催。俳優としても『箱入り息子の恋』(13)、『地獄でなぜ悪い』(13)等に出演し、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞など映画賞を多数受賞。近年の出演作にTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(16)、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(19)、映画『引っ越し大名!』(19)などがある。

撮影:山崎裕典

1982年生まれ、福岡県出身。2005年、日本映画学校(現日本映画大学)卒業後IMAGICAに入社し映画・CMとあらゆる作品に撮影助手として参加。2006年よりフリーとして活動。 映画『ハイキック・エンジェルス』(14)でカメラマンとしてデビュー。その他の作品にTVドラマ「GTO」(14)、映画『女の穴』(14)、『榎田貿易堂』(18)、『パパはわるものチャンピオン』(18)などがある。最新作は2020年公開の中野量太監督作品『浅田家(仮)』。

照明:鳥羽宏文

1979年生まれ、大分県出身。照明技師・渡邊孝一を師事し、照明チーフとして山田洋次監督作『東京家族』(13)、『小さいおうち』(14)、『母と暮せば』(15)、李相日監督作『許されざる者』(13)を担当した。越川道夫監督作『海辺の生と死』(17)で照明技師デビュー。他に白石和彌監督作『麻雀放浪記2020』(19)などがある。

録音:久連石由文

1970年生まれ、愛知県出身。主な代表作は『色即ぜねれいしょん』(09)、『アウトレイジ ビヨンド』(12)、『ルパン三世』(14)、『龍三と七人の子分たち』(15)、『ピースオブケイク』(15)、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)、『愚行録』(17)、『火花』(17)、『アウトレイジ 最終章』(17)など。石川慶監督『蜜蜂と遠雷』(19)が公開待機中。

美術:堀明元紀

1982年生まれ、新潟県出身。横浜国立大学建築学コースを経てヌーヴェルヴァーグ入社。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07)より映画を中心に美術助手・美術デザイナーとして多数参加。『日日是好日』(18年/大森立嗣監督)にて、第73回毎日映画コンクール美術賞を受賞。近年の参加作品は、『映画 深夜食堂』(15)、『追憶』(17)、『エルネスト』(17)、『散り椿』(18)、『半世界』(19)等。

スタイリスト:安野ともこ

埼玉県出身。スタイリスト、デザイナー。映画では『フラガール』(06)、ドラマでは日本テレビ「すいか」(03)など、記憶に残る数々の作品で衣装を担当。その活動は舞台、CM、と多岐に渡る。フィギュアスケート浅田真央のコスチュームや、松尾スズキ演出のミュージカル「キャバレー」では衣装デザイナーとしても活躍。ジュエリーブランドCASUCAを主宰する。

振付:振付稼業air:man

業界初の振付ユニット。 2008年 UNIQLO WEB『UNIQLOCK』にてカンヌ世界三大広告賞にて総てグランプリを受賞。海外のトップクリエーターでもあるアーティストOK Goの『I Won't Let You Down』の振付を担当し、MTV MUSIC AWARD2015にて日本人初のBEST Choreographyを受賞。 ACC2015 で総務大臣賞受賞。One Show2017/08/07にてsilverを受賞。TV・CM・映画・舞台・イベント・ワークショップ等、職人としての振付によるエンターテイメントなダンスを提供すべく様々な場で活躍中。又、初著書でもある『振付稼業air:manの踊る教科書』を2015年に東京書籍より発売。

音楽:渡邊崇

1976年生まれ、広島県出身。 『舟を編む』(13)で第37回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。音楽を担当した平林勇監督作品『663114』がベルリン国際映画祭で特別表彰、毎日映画コンクール大藤信郎賞などを受賞。その他にも携わった映画がカンヌ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭など多くの映画祭で上映されている。これまでに『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)、『帝一の國』(17)、『長いお別れ』(19)等を手がける。大阪音楽大学准教授。

監督・脚本・主演:松尾スズキ
(海馬五郎役)

「ウディ・アレンが、メル・ブルックスが、ベン・スティラーが、そうであるように、コメディの世界に生きるものの一つの到達点として、監督主演映画が撮りたかった」。
30年、笑いと戦い続けた自称喜劇人松尾スズキが「愛とエロス」のカオスの中でのたうちまわる様をご笑納ください!

中山美穂
(海馬綾子役)

松尾監督がこの作品を構想中の頃、咄嗟に私に演らせて下さいと申し出てしまったのです。監督は実現できるかどうかと笑いながら仰っていましたが、それから1年待たずに私達は撮影に挑んでいました。楽しくて仕方のない現場でした。演出をされる松尾スズキは穏やかに強い信念を持ち、そして激しく演じてらっしゃいました。そんな姿がだんだんと可愛く見えてきて、作品の中でもその感じが伝わるのだと思います。とにかく笑える内容です。そしてせつない。私に演らせて頂けたことに感謝しています。

岩井秀人
(糸井役)

メジャーな作り手の誰もかれもが「コンプライアンス」を気にし、テレビの前の主婦までもが「この表現、誰かに文句言われないのかしら?」と呟くようなご時世に、「よくぞこんな映画を作った!」と言われることでしょう。でも本来「表現」って、「ワレワレの外側」にあるものに手を伸ばすためのものなのだし、そのことを思い出させてくれる作品です。だからコンプラなんてものには届かない高みのシロモノになってございます。ご覧ください!
しかし松尾さんって、いつ丸くなるんでしょうね…。

秋山菜津子
(砂山美津子役)

舞台作品の中でいつも私に面白い役をやらせて下さる松尾さん。今回もなかなか変わった役柄を与えてくださいまして…楽しかったです。
撮影が終わって『この映画を秋山さんの代表作にして下さいね。』と松尾監督に言われたんですけど…嬉しいような ちょっと複雑な気分でした。あ、観て頂ければ分かると思うんですけど(笑)。
でも…そうですね、こんなに潔くかっこいい映画に出演できた事は“誇り”です。それは確かです。

主題歌:星野源

松尾さんから、11年前に上演された舞台で僕が作った歌を「映画の主題歌にしたい」と連絡を頂きました。このとんでもない『108』という作品の主題歌にこの哀しい歌を選ぶあたり、松尾スズキ!って感じがしてとても好きです。